HOME > 空室率を改善するリフォーム/リノベーション

空室率を改善するリフォーム/リノベーション

空室率を改善するリフォーム/リノベーション

少ない投資で入居率をUPするために

写真

賃貸物件は、「入居率の安定」が最重要課題。
地域によっては新築でさえ空室に悩む時代です。 築年数の積み重ねに応じて、「空室率のアップ」「賃料ダウン」「メンテナンス・コスト」など、オーナー様のお悩みは多様に渡ります。

ユーキハウスでは賃貸物件の「新築」だけでなく、「空室率改善」をコンセプトとした‘リフォーム・原状回復’まで戦略的なサポートしております。 その地域のターゲット・現在から今後の市場性を踏まえたプランニングで、オーナー様の長期的・安定的な資産運用を御提案させて頂いております。

もちろん建築計画だけでなく、「資産運用・節税対策」といったファイナンス面での経営的サポートも一括で承っております。お金を掛けて良くなるのは当たり前。如何に少ない投資効率での経営改善に努めるかを心掛けております。オーナー様の御要望に応じてサポート範囲をお申し付け頂ければと思います。

入退去時リフォーム

写真

クロス貼り替えやフローリング・水廻りのクリーニングなど、オーナー様の「コスト減」「不動産価値の維持」の両立を心がけ、ユーキハウス独自の現状チェックシートでオーナー様に現状報告の上、最適な原状回復プランをご提案しております。

 

また、空室期間が目立ちはじめた物件に関しては、一例として、同じクロスの貼り替えでも、インテリアコーディネーター視点で御提案させて頂いたりと、目立ったコスト増にならない範囲で、価値の再生提案をさせて頂いてpります。

水廻りをリフォーム

写真

築年数の経った賃貸物件は、主に水廻りの傷み・シミが目につきます。設備の交換とともに資産価値も改善されますので「空室改善・賃料UP」も可能です。

 

最新設備・人気設備・アウトレット設備・再塗装など、現状の問題解決を重視した、幅広いラインナップから御提案しております。

外観をリフォーム

写真

はじめて内覧される方に「外観」は物件のイメージを決める重要なポイントです。但し、全てをリフォーム対象とすると、それなりのコストが必要になる場合がほとんどです。

 

現状で問題がある場合は、特に、エントランス・および周辺の共有部改修に絞り込む事をオススメさせて頂いております。

 

現状の根本的原因をオーナー様と共有し、目に見える範囲を、まず現実的なコストで改善し、改修計画を段階的に進める事で長期的な不動産価値の改善計画も必要となるかと思います。



安定した賃料収入を得るためには、入居者の確保が欠かせません。 貨物件は経年劣化とともに入居率が悪くなる傾向にあります。 定期的な点検と10年に1度ペースの修繕工事は必須といえます。 また、経年とともに流行りも変わります。 時代に合っていない物件では、入居率にも影響が出るでしょう。 かといってそうそう頻繁にリフォームというわけにも行きません。 そこで、畏期的なスパンで修繕計画を立てたうえでのリフォーム計画が必須です。 ユーキハウスでは日常の管理・メンテナンスからリフォームまでトータルサポート。 何でもご相談ください。


Before After
ページトップへ

スペシャルコンテンツ

     
  • お問い合わせ
  • 住宅保証
  • 住宅保証
  • メディア掲載
  • 求人